西武ライオンズ

黒バットは打てない印象が強い。4打席目から白バットに変えた山川穂高

投稿日:

2020年8月18日 西武対オリックス

1対1で迎えた8回表。先頭の外崎選手がヒットで出塁すると、そこまで3打席山本投手に抑え込まれていた山川選手がセンター前ヒットで繋ぎ、メヒア選手のタイムリーで勝ち越した。

普段山川選手は黒いバットを使っていますが、センター前ヒットを打ったこの打席は、白いバットに変えて打席に入っていた。

山川選手といえば、去年調子の悪い時期に練習用の白いバットを使ってホームランを打っていましたが、その後中村選手が使っているタイプの白いバット発注し、シーズン終盤復調をしました(記憶が正しければ・・・)

それにしても個人的に黒いバットにあまり良い印象がないんですよね・・・。

黒いバットと言えば、世界で一番ヒットを打ったイチロー選手が最初に思い浮かびます。

白いバットの方が成績は良い

イチロー選手が黒いバットを使っていたのは、バットが欠けた時にすぐ気付けたり、アオダモの木を使っていた背景があるみたいです。その他にもイチロー選手しか知らない理由があるのだと思います。

世界一ヒットを打った選手が黒いバットを使っていたのだから、黒いバットは打てるイメージがあってもおかしくないんですが、西武ファンの僕としてはどうしても黒バットにネガティブなイメージがあるんです。

どうしてそういうイメージがあるか思い返してみると、やっぱり中村選手かもしれません。

中村選手はホームランをガンガン打ってる時から、黒いバットを使っていました。

ただベテランになってからは極度の不振になり、その後色んな選手のバットを試して、結果今の白いバットを使って去年の活躍がありました。その背景にはバットを軽くしたりとかもあるんですが、どうしてもいいイメージがあります。

山川選手も中村選手も統計は黒いバットと白いバットの成績を比較すると、打率は白いバットの方が絶対いいんです(統計は取っていません)

まあこれはあくまで勝手なイメージなので、使ってる本人達にはあまり関係ないのかもしれませんが、どうしても黒いバットだと細く見えますし、あの漆のようなテカリがどうも・・・うーんって感じです。

・・・まあどうでもいいか。

そんな感じです。

-西武ライオンズ
-,

執筆者:


  1. buy stromectol online usa より:

    Concepto De Propecia

  2. adevefuse より:

    http://buystromectolon.com/ – ivermectin for rosacea

  3. what is lasix より:

    Trouver Cialis Pas Cher Paris

comment

関連記事

俺が好きだった山川穂高は、もっと汚かった。2017年の山川穂高が好きだった話し。【西武ライオンズ】

2020年シーズンも佳境を迎えています。 9/28現在で西武ライオンズは借金2つの4位。まだまだ上位を狙える位置にいます。 今回は山川穂高ファンとして、どうしても言いたい事を書きたいと思います。 山川 …

山川穂高、座る席変わったから、もっと活躍する(ベンチ)【辻監督の近く】

今年の開幕前にたまたま見た練習試合で、今年の嘉弥真新也、東浜巨、中田翔の3人はいいなーと思っていたが、中田翔がこんなに活躍するなら、書いとけば良かったと後悔してる所です。 ただ練習試合の時の見立てでは …

no image

若林楽人が3割打つために必要な事。【西武ライオンズ】

両リーグ最速で10盗塁を達成した、西武ライオンズ新人の若林楽人選手。 4月29日現在で、打率209とバッティングに苦しんでいます。 もともと身体をコマのように回転して打つタイプの為、始動が遅くても対応 …

ギャレットは間違いなく飛躍する。ギャレットが覚醒する理由【西武ライオンズ】【助っ人外国人最強】

2020年もシーズン佳境を迎えた10月9日。 現在、西武ライオンズは3位とゲーム差1つの4位となっております。 そんな中、西武ライオンズの中継ぎ投手であるギャレット投手が、どうしても今後飛躍しそうとい …

栗山選手の選球眼が良い理由は、空間認識能力が高いから?【西武ライオンズ】

※あくまで素人の考察です。 栗山選手の2020年シーズンはずっと好調を維持していて、ファンにとっても嬉しいですよね。 そんな栗山選手の特徴の一つに選球眼の良さがあります。 プロ野球ファンなら栗山選手の …

カテゴリー

過去の投稿