野球

2021年のプロ野球は、必ず打高投低になります!!!!【2021年プロ野球未来速報】

投稿日:

2021年のプロ野球で起こることは決まっております!

そう!打高投低なのです!つまり、バッターの成績が良い年になるんです。間違いありません。

では!

なぜ言いきれるのか・・・

それは単純に2020年シーズンはストレートに対応出来ない人が多かった問題だからです!

まあコロナで調整が難しかったと言われてしまえば、それもあります。しかーし!根本的な問題はスイングにあるのです!!!

ヒントは西武の栗山選手にあります。

栗山選手はここ数年ストレートの対応に苦慮していました。ですが2020年栗山選手はストレートへの劇的な対応をみせ、カムバックしました。

これには栗山選手のスイングが上から被せるスイングに変わったからです。もともと栗山選手はバットに乗せる、あるいは掴まえるタイプのスイングでした。

しかし2020年シーズンは、上から被せる事でストレートに対応出来たのです。

他にもソフトバンクのグラシアル選手!!被せてますねえ!バットを。

バットを被せるということは、多少降り遅れても、ストレートの軌道にスイングが間に合うのです。

僕はこの被せるスイングこそが、これからのストレート超速すぎ時代に、求められるスイングなのではないかと思っておるのです。

ただこのスイングにしないにせよ、2020年のストレートにやられ具合をみれば、皆さんなにかしらの対策はしてくると思います。

よって2021年のプロ野球は、打高投低になると予想する訳です。

あとはグダグダ言わず待ちましょう!2021年プロ野球シーズンを。

コロナぶっ飛ばせ!さよなら!

-野球
-

執筆者:


comment

関連記事

内野守備上手く握れない 【治す方法】【野球握れない】【野球守備】【悪送球】

内野手で悩んでる人が多いと思うんですけど、ボールを捕球した後、上手く握れない事が多い人っていると思うんです。 自分も学生時代、とにかく握るのが下手で、よくゲッツーが取れなかったり、ゴロを捌けませんでし …

もっと活躍するスパンジェンバーグ。もう活躍しないジョーンズ(オリックス)

今季から新入団した西武、スパンジェンバーグ。オリックスに入団したジョーンズ。 スパンジェンバーグ選手はアメリカでなかなか活躍出来なかった選手。その一方でジョーンズ選手はアメリカでの凄い実績を持つ選手。 …

今後より打高投低になる可能性

そこまで難しい話しではなく、単純な話しです。 打高投低とはその名の通り、例年よりバッターが打ってピッチャーが打たれる状態です。 今のプロ野球は打高投低と言われてます。ホームランを打つバッターも増えまし …

高校球児は筋トレをすべき【大人になって後悔しないように】

最近、自分が高校生に戻って高校野球を一からやり直せるとなった場合を想像することがあります。 その中で色々なシュミレーションをするのですが、いつも行き着く結論は正しい筋トレをする事に落ち着きます。 僕が …

どうした横尾俊建選手。その綺麗なスイングで何故打てない?

僕は西武ライオンズのファンですが、いつも日ハムとの試合を見て思っていました。この横尾って選手は綺麗なスイングするなあ・・・と。 僕の中でスイングに柔らかさを持った選手は良いバッターになるという持論があ …

カテゴリー

過去の投稿